<< アヤワスカの儀式の準備 | main | マチュピチュ魔法の店 >>
2009.08.29 Saturday

アヤワスカの儀式の体験

0
    夜八時アヤワスカセレモニーがはじまる。

    精霊の歌のあと、各自が処方された量のアヤワスカをスプーンで何杯かのむ。


    私の番になる。


    ほんの少量スプーン一杯を口の中に入れてもらう。

    漢方薬なビターな味!

    しばらく静かに暗闇のなか、みんなで横になりなにかがおきるのを待つ。

    しばらくして、胃がムカムカしてくる。

    気持ちおなかもゴロゴロ動きだす。

    一時間たっても別に幻覚は見ない。

    ただ頭の中でこんなことを考えていた。

    「次は蜘蛛の家にホームスティしょう!まだ蜘蛛の巣に滞在したことのないから。」

    ん?なんか変な思考になってる自分にきづく。


    ただなんとなく、目を閉じると明るかったり、いつもよりもより鮮明な夢のようなものを見るけど、ビジョンを見るってそういうことなのかなぁ。。。

    だとしたらもっとちゃんと目的をもってメディテーションに入っとけばよかったと後になってちょっと後悔する。。

    目を閉じれば、虹色の鮮やかなクレパスで書いたような絵みたいなビジョン。

    渦巻く虹色の池、そこから木が伸びている風景だったり、水のように流れるくらいに早く葉が伸び成長する植物だったり…。

    でも普段見ている夢と鮮やかさを抜かせばそんな変わらないような気も。。。

    他の人がビジョンをみることができないといってアヤワスカの量を増やす。

    私はこれ以上具合わるくなりたくないから量を増やさないという。

    2時間がたち、セレモニーの終わりにちかずく。

    ドン カシミーロの元、魂の入れかえの儀式に入る。

    儀式の場所



    私の好きなシャーマニックなアイテムが壁に並ぶ。



    ドンカシミーオが、私の頭の登頂から、アクアデフロリダの香りと共に息が吹き込まれる。

    アクアデフロリダ

    そのとき…!



    私に予想もできない体の変化がおきた。

    その香りがとても不快に思えて動かずにはいられない。

    気持ちわるいし、体が上下に揺れ始める。
    私の中で何かがもがいている。

    呼吸が苦しくなり手足がしびれ始めた。

    胸元の当てていた手は、力を入れることができなく、私は前かがみに、ちじこまり大きくゆれた。

    ゆだんしたら、後ろ側にひっくり返りそうになる。


    私は意思とは関係なく自分自身におきている体の変化に驚く。こんな体験は初めてだったから。

    でもテレビでよく見る浄霊で悪霊が取り付いた人によく似ている気がする。
    もし、これが憑依とかそういうのだとしたらそんな感じ。
    何者かに体を乗っ取られたかのように不快だった。

    ドンカシミーオの歌が終わりになるにつれ私の呼吸は元にもどっていく。

    頭の頭頂に新たな魂とエネルギーをいれ蓋をする。

    頭の上で笹の葉のようなスマッジングファンのバサバサとなる音とカシミーオの歌声とジャングルに振り出した雨音が響きわたる。

    私はまた元の自分に戻ってゆく。

    そしてはじめてのアヤワスカの儀式は終了する。


    ジャングルの夜の不思議な体験。
    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM