<< 身を守る・海のお守り | main | ジャングル探検隊 >>
2011.08.25 Thursday

第一歩のエネルギーの流れを作る。

0
    めずらしく、海の近くでじっとしていたくて、砂浜のキャビンで一か月間波の音を聞き続けました。


    それは長い長い瞑想のような滞在でした。


    最初はその迫力のある、ザバ〜ンという音が、ストレスなくらいに耳につき、眠ることも困難なほど。



    このマンコラの海の波の音は、ゴォ〜っと遠くからやってきて、バサンと砕け散り、「波の音ってこんなに大きいの?」というほどに、正直、癒しとはかけはなれた音。


    (タイとかの南国の海とはまたちょっと違っています。)

    なので、なにか考え事やらをしていると、その波の音が一定のリズムで、ザバ〜ンとやってきては、私の頭の中の思考やら考え事を飲み込んでリセットしていきます。

    「あ、今何か考え事してたんだけどな。。。ブログ何書こうと思ってたんだっけ?今日も忘れちゃった。。。」

    そしてまたなにか考え込んでいると、「ザバ〜ン。」と、かき消されます。


    また考え事リセット。。。。なに、書こうとしてたんだっけ。。。


    そんなかんだで、頭の中がきれいさっぱり、時間と波に流されてクリアになりました。



    そして、残った考えは、とってもシンプルなことでした。

    「自分が死ぬまでどれだけ体験できるか。めいいっぱいやりたいことをためしてみよう」


    この波の力、音というのは、

    マインドを停止させ、ほとんど、何も考えさせてくれない状態を作る不思議なBGMのような気がします。

    月のリズムと連動した自然のリズムである波の音や周波数が、脳にどういう影響をあたえたりするのかわかりませんが、

    あらゆる不安や考え事から解放され頭の中がからっぽにお掃除され、

    エネルギーがたまってくるような気がします。


    そして、エネルギーがたまってくると、


    未来の断片が少しずつイメージで浮かんできます。

    「あ、私あの国にいる。」



    最初は、近い未来であろう自分。

    次に2.3年先の自分。


    「お、あの国にもいくのか。。。」

    もちろんその道をチョイスしなければ未来でないのですが、
    その未来が面白そうだったらそれを実現させるために、第一歩の行動を起こす。

    たとえば、その国や町を調べてみたり、ガイドブックを買ってみたり。。。

    (ちなみに、ガイドブック「地球の歩き方」を枕元に入れて1か月寝たら、その国へ行く70パーセントくらいの確率の私のおまじない。を教えちゃいます)

    そして未来へのエネルギーの流れを作っちゃう。

    “第一歩のエネルギーの流れ”

    次に、第二歩

    第三歩のエネルギーの流れを作る。


    そしたら、あっといゆうまにそれが現実になってしまう


    と思うのです。


    浮かんできたイメージをキャッチして、第一歩目にエネルギーを流すのがいちばん肝心です。。



    ブログランキングに参加しています。
    精神世界

    コメント
    コメントする








     
    Profile
    ▼魔法のアイテムを探す旅
    ●制作日記
    ●2014〜作品制作ブログ
    ●夢日記
    Selected Entries
    Categories
    Recent Comment
    Search this site.
    Others
    Archives
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM