2018.02.22 Thursday

八面体の魔法の杖(宇宙船バージョン)

0

    JUGEMテーマ:癒し・宇宙・スピリチュアル

     

    ピラミッドのような立体的な三角形である四角錐とそれをそのまま反対にした逆ピラミッドを合わせると八面体になります。

     

     

     

     

     

    上向き三角形は男性性をそして下向き三角形は女性性を表すように、この2つが組み合わされた8面体にはその二つの要素のバランスが完全に調和し、結晶化しているようにも思えます。

     

    ちなみに婚約指輪に使われるダイアモンドの原石もこれと同じ8面体です。(画像はフローライトですが。)これは勝手な私の持論なのですが、ダイアモンドが使われているのは、光り輝く硬い鉱石であり永遠の象徴だからかもしれませんが、男性性と女性性の統合の象徴である8面体だからではないか?と考えてみました。


     

     

    というわけでバランスの調和というテーマで8面体鉱石達を使って制作したワンドが完成しました。

    オクタヘドロン(八面体)ワンドと言います。

     

    宇宙船みたいでしょ!

    部品は以下のとうりになります。

     

    両極の先端はマグネタイト8面体結晶がヘマタイト化したもの。(今は磁気を帯びていません。)

    軸:黒い部分:フランクリン鉱franklinite (ニュージャージーUSA産)これも偶然に八面体結晶構造だそうです。

    モルダバイト(ガラス製隕石)

    パイライト結晶(ペルー産)

    ギベオンメティオライト(隕石)と半球水晶(隕石と水晶を貼り合わせたもの)

    虹色水晶 (ブラジル産)

    ブルートパーズ(加熱着色)

    SIKHOTE-ALIN隕石 ロシア産

     

     

     

     

     

    さて、このギベオンメティオライト(隕石)と半球水晶(隕石と水晶を貼り合わせたもの)を私は「窓」と読んでいますが、このパーツは全部で3箇所設置してあります。それと小さなレインボーがかかった水晶窓もあるので、この宇宙船の窓は全部で4つです。

     

     

    正四面体が背中合わせで正八面体になるように、背中合わせで統合された両剣タイプのこの構造の宇宙船ワンドは、男性性や女性性、または右脳や左脳(感情や理論)を司るバランスが前進する鍵となります。

     

     

    2極の統合した完全な結晶体である八面体のように、2つのエネルギーが外側へきちんと表現されることによって完全なものへとなるような気がしています。

     

     

     

     

    2018.02.02 Friday

    宇宙のワンド オクタヘドロンの受信機

    0

      JUGEMテーマ:パワーストーン

       

      ただいま、宇宙がテーマの魔法の杖を制作しています。


       

       

      装飾にはギベオン隕石と水晶を合わせたものと、モスダバイト隕石 ブルートパーズ(加熱着色)それとパイライトの結晶です。

       

       

      先端のこの不思議な石はパタゴニア産

      この鉱石はマグネタイトが長い時間をかけヘマタイト化したもの。地中にむけて、このような形状に結晶化したそうです。

       

       

      軸 黒い部分:フランクリン鉱franklinite (ニュージャージーUSA産)*willemiteとcalciteが含まれる場合があります。

       

       

      この鉱石にはこの軸かな?と思い偶然に手に入ったコレクションパーツで組み立てたところ

      偶然にも、どちらも結晶構造が正八面体であることが判明。

       

      正八面体のバイブレーションが物質化した鉱石の杖。

       

      ちなみに、正八面体は正四面体が二つ合わさってできていて、上下にポイントがある。

      そういえばこのワンドも上下にポイントを設置した。

       

      装飾には、鉱石ラジオの検波器として使用されることで有名な「パイライト」を使用。きっと何かを、受信しているかもしれませんね。

       

      他にも様々な鉱石が電波を受信しているそうです。パイライトはたまたまラジオ波ですが、私は、それ以外の波長にもパイライトを始めとする鉱石は受信装置的な役割があると思います。そのバイブレーションは、インスピレーションとかアイデアとかイメージとか、体や感情の調整とか、そういうので伝達される気がしていて、水晶やマグネタイト、ヘマタイト、その他多数の鉱石がそれぞれのカテゴリーで繋がる発信元がある気がします。

       

      それで、皆さん鉱石の趣味なんかの違いや好き嫌いが出るわけですね。その人に必要な情報を持ったものが現れてくる!

       

      それぞれの鉱石に受信したものを増幅する装置(コイル)などを設置したら受信しやすいかもしれませんが、でも石に意識を集中することや、その色彩や結晶構造を眺めることによって脳の受信回路のスイッチをプチッとオンになって、それを自然と必要な情報にアクセスしダウンロードしている気がしますが。。。

       

      さてと。続きを制作しますね。

       

      2018.01.20 Saturday

      パイライト標本

      0

        JUGEMテーマ:パワーストーン

         

        昨年からチビチビと制作を進めていたパイライトを抱えたの鉱物妖精の標本が完成いたしました。

        かなり無理がありますが、鉱石の標本用の箱に座れます。

         

        小さな物語がセットになっています。近いうちに販売しますね。

         

         

         

        →その他の鉱物妖精標本。

        2017.11.28 Tuesday

        壺入り妖精

        0

          なんだかあっという間にクリスマスシーズンになってしまいました。


           

           

          それで今年もこちらの「The mineral fairies」シリーズの妖精たちを製作しております。

          季節とは全く関係なしに私は昨晩、白いハミングバードの夢を見ました。

          自宅の洗面所に飛んできました。映像というより羽ばたく動きのある風のようなものを感じた不思議な夢でした。

           

           

          今回は新しく壺入り鉱物妖精(小人)が登場。

          とんがり帽をつき破ってアメジストが飛び出しています。

           

          手に持ってるのは八面体フローライトの結晶。

           

          どうぞお楽しみに。

          2017.07.30 Sunday

          ドルフィンの集合意識(ドルフィンのワンド)

          0

             

             

             

             

            ドルフィンのカケラ(化石)約12個をバランスよく配置して魔法の杖に仕上げました。
            イルカの化石は全体がアメリカ産で先端部分が日本産です。
            装飾にはカヤナイト ラリマーやオーシャンジャスパー コッパービーズなどを使ってみました。

             

             

            先端が日本産のイルカの化石であとはアメリカ産です。

             

            三つの石はカヤナイト

             

            大海原を泳ぐドルフィン。
            何かを誘導するかのように海に流れのラインを形作る。


            意識の海を泳ぐドルフィン

            無意識の中に潜んでいる
            アンバランスな部分を見つけ出し
            本来の自分へと戻る、調和されたバランスへと導いてくれますように。


            複雑に組み合わされた経験が、少しずつバランスを取り始め一本の美しいライン(魔法の杖)となりますように。

             

             

             

             

            ドルフィンの魔法の杖があなたの中で調和のシンボルとなりますように。

             

             

             

             

            2017.04.19 Wednesday

            夢売り商人の不思議な店 老人現る。

            0

               

              夢売り商人の不思議な店というシリーズがある。

              このWebサイトになる前からあった10年以上昔からのロングシリーズになる。

               

              夢の中、老人が不思議な品物について語り出すという物語だ。

               

              これは、実際に私が夢のなかで、仕入れをし、こちらの世界に小包で発送する夢を見たのがきっかけで出来上がった物語シリーズだった。

               

              この夢売り商人という架空の人物は一体どんな姿をしているのか?

               

               

               

              別の次元にいる架空の人物なんだから、人間をモデルにして一から私が描くものではないというのがなんとなくあって、その答えがわからず放置しておいたのだけど、

               

              昨日なんと、紙と紙の間から老人が現れた。

               

               

              正式に言うと紙にうっすらと、優しい顔で浮かんでいるのを発見。

               

              メキシコで購入した手すきの植物繊維でできた紙から出現だった。

               

              想像して描けるわけがあるまい。。。

               

               

               

               

              わかりますか?

               

               

               

              背景を消すと

               

              そして

              色をつけてみるとこんな感じ。

               

               

              「なんだ。こんなところにいらっしゃったのですね。さがしましたよ。」

               

              次の日、老人の顔をまた探してみたんだけど、見つからず。。。

               

              波長、合わせるの大変だなぁ。

               

              写真に撮っておいてよかった。

               

               

              2017.04.08 Saturday

              Fairy Door (妖精の扉)

              0

                JUGEMテーマ:花のある暮らし

                 

                妖精の家具屋シリーズからです。といいましてもまだ妖精用のイス(販売済み)のみなのですけど、

                 

                 

                壁に掛けれる(絵画風オブジェ)タイプの妖精の扉作品です。

                 

                木の幹に現れた小さな扉。中から暖かな光がもれています。

                 

                ご自宅の妖精さんに出入り口はいかがでしょうか?

                 

                 

                扉は開く状態でのお届けとなります。

                開けて中に手紙や妖精が好きそうな小物をしのばせてからボンドで閉じて飾ってくださいね。

                 

                 

                妖精がいそうな部屋の片隅にどうぞ。

                 

                 

                 

                販売はメルマガにてお知らせいたします。

                 

                2017.04.03 Monday

                天の魚

                0

                  JUGEMテーマ:パワーストーン

                   

                   

                   

                  実は、私、曲線や物の形に異常なこだわりがあることに気づいた。

                  しかも最近それがますます強くなってきた。

                   

                  それが一体どんな法則に従っているのか、不明なのだけど。。。

                   

                  いろんなパーツを組み合わせて作る魔法の杖の場合、鉱石や貝殻などの向きと配置と大きさなどのバランスが土台となる。

                  もうここが気に入らないと制作する気にすらならない。

                  それで途中まで進んだあたりでまたふと気づく。。。

                   

                  「なにか違う。。。!」

                   

                  まるで不協和音でも鳴り響いているかののように、しっくりくるところまで制作が進まないと落ち着かない。

                  もうそのことばかり考えてしまう。

                   

                  「この組み合わせ、ちが〜〜〜〜う!」

                   

                  それでまた土台のバランスやらを大幅に変更してみる。

                   

                   

                   

                  私の場合、完成したイメージというのがなく制作に入るのでもちろん設計図がない。

                  机の上にちらばっているあらゆるものがくっついたりうめこまれたりして形を変えながら完成してゆく。

                   

                  しかも何ができるかまったく未知なのである。

                   

                  それで完成した未知の生物

                   

                  「天の魚」

                  ヘブンズフッシュ

                   

                  本当は魔法の杖を作る予定だったんだよ。

                   

                   

                  最初に魚のそれぞれのウロコに数字みたいな文字が刻印されているイメージが浮かんで、

                  「あっ!このウロコひとつひとつがボタンみたい。何かと交信する携帯電話みたいだな。」

                   

                  …と。

                  それで先端にレムリアンシードのクリスタルをアンテナ代わりに取り付けた。

                   

                  そしたら

                   

                  「違う違う!内蔵するの!そこ直線じゃなくて曲線で!」

                   

                  というわけのわからない指示的なメッセージ?(言葉じゃないし、映像でもないから表現できないんだけど)を受け取たので

                   

                  まぁ、とりあえずやってみることにした。

                   

                  ドルフィンの尾びれのフィンへと向かう曲線の中にアンテナになる予定のクリスタルを埋め込む。

                   

                   

                  「あぁ、なんかスッキリした。サンキュー!」

                   

                  水晶の先端で広がったドルフィンのフィンが情報をキャッチするのか。。。

                  と納得。

                   

                   

                   

                  2つの貝と、アンモナイト。魚の中にいくつかのドルフィンの化石をセット。

                   

                  螺旋を組み込んだ魚のオブジェが完成した。

                   

                  それにしてもウロコ逆じゃないか?

                   

                   

                   

                   

                  逆さウロコは、そこに情報を挟み込んで保護するからこれでいいのだそうです。

                   

                  まぁ根拠はないんだけどね。

                   

                   

                  妄想のお遊びをしながら制作したオブジェが完成です。

                  2017.04.03 Monday

                  ドルフィンアイテムいろいろ

                  0

                    JUGEMテーマ:癒し・宇宙・スピリチュアル

                     

                     

                    まだ少し風が冷たいですが、沖縄はそろそろ夏に突入しそうです。

                    家の前に広がる海に妖精達を連れてやってきました。

                     

                     

                    (八面体フローライトの妖精。)

                     

                    生後4ヶ月になる娘の寝静まった時間にちょこちょこ制作したものです。

                    最近ドルフィン語を話すようになりました。(くwぇ〜〜〜〜〜〜っという超音波のような音を気持ちがフィーバーしたときに発します。)もちろんこの小さな妖精さんにも「くwぇ〜〜〜〜〜っ」となります。

                     

                     

                    こちらはイルカの化石と貝で制作した海の妖精。

                     

                     

                    イルカの化石で制作したドルフィンワンド。

                     

                     

                    イルカの化石と貝、アンモナイトやクリスタルなどで制作した

                    「天の魚」ヘブンスフィッシュ

                    レムリアンシードが内蔵してあります。

                     

                     

                    砂浜のサンゴや貝、クリスタルなんかを見つけながら散歩するのは、なんだか宝物探しをしているみたいで時間を忘れますね。

                    2017.02.15 Wednesday

                    ウォーミングアップ

                    0

                      JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

                      ほぼWEBSHOPが産休状態になっております。

                       

                      2ヶ月前に誕生したエルフみたいな耳をした我が子はすくすくと育ち、ミルクのあげすぎなのか、めでたく3重アゴになりました。

                       

                       

                      シワシワでポニヨポニョです。

                       

                      時々、なんともない普通の壁や空間を見てケタケタ笑っています。

                       

                       

                       

                      さて、わたしも久々にPCの前にたどり着きウォーミングアップとしたいところですが

                       

                      「ウェ〜〜〜〜〜ン」

                       

                      と子供から召集がかかります。

                       

                      「今日も、ネンド触れず。。。」

                       

                      まぁ、今だけでしょうからこの召集も楽しんでますけど。

                       

                      ところでなんで赤子って自分のエネルギーフィールドから母親がいなくなったことを察知できるんでしょうね。

                       

                      マクラとかで仮の私を作ってそっと添い寝している形を置いてきてはいるのですが。。。

                       

                       

                      とにかく隣の部屋で制作は無理そうなので、妖精たち(材料)に子供の周りに集合してもらうという作戦に切り替えます。

                      Profile
                      ▼魔法のアイテムを探す旅
                      ●制作日記
                      ●2014〜作品制作ブログ
                      ●夢日記
                      Selected Entries
                      Categories
                      Recent Comment
                      Search this site.
                      Others
                      Archives
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM