2018.06.26 Tuesday

オラクルノット・マクラメカード

0

     

    JUGEMテーマ:タロット占い

     

    ついにあと1枚で45枚セットが完成します!タロットというわけではないのですがマクラメアクセサリー制作にも使えるオラクルカードのようなものです。

    オラクルノットカードはマクラメをするしないに関わらず、インスピレーションを引き出すメッセージ45パターンがシンボル化したしたカードとなります。定特質のカード9枚、展開、発展のカード21枚、作品を制作する際の導きとなるカード15枚です。

    さらに詳しくこちらのブログにまとめました。→The macrame code

     

     

    イメージはこんな感じです。

     

     

     

     ほんとはワークショップなんかで使い方や遊び方を制作を通じてお伝えしたいところですが、娘が小さいのと、場所が沖縄なので、今回はWEBとオンラインワークショップとすることにしました。

     

    日本と反対側のメキシコを行き来して、何年も前から来ていたイメージが、出産で日本に戻り、どうゆうわけかたどり着いた沖縄でようやく完成するという不思議な流れに私もワクワクしています!

     

     

     

     

    2018.01.19 Friday

    和のハート

    0

       

      日本の鉱石を使って制作しました4つの和のハートペンダント

       

      ピンク系の鉱石3つと長野県水晶を使っています。

       

      まぁ、あれですよね。・・・・デカイ!

      色々な理由があるんですけど、図で省略して説明しますと、こんな感じなのです。

       

       

      こちらのブログ→The macrame code に制作工程をまとめてみましたのでご興味のある方はどうぞごらんくださいね。

      2017.11.10 Friday

      The macrame code

      0

        JUGEMテーマ:スピリチュアル/アセンション

         

        編み術として書きためていた情報がだいぶ増え、かなりマニアックな情報になってきたので別なサイトにもう少し見やすくまとめて見ました。よかったらのぞいて見てくださいね。ブログ→The macrame code

        2017.10.04 Wednesday

        弓矢の印

        0

          JUGEMテーマ:スピリチュアル

           

           

          方向の印と同種の弓矢の印

           

          こちらはよりピンポイントな的へ直接的にアプローチしたい時、またスピードを持って超えてゆくプロジェクトに使う印。

          引いて手放す、程よい緊張感や緩め方、張力の使い方、瞬発力を上手に使いこなして行くための印。

           

          この張力のバランスが生活を活気つける。ただし張り詰めた糸のように、緊張のしっぱなしは自分をも壊してしまうので時々弓矢を放ってしまうかのように力を手放す、パワーの使い方を学んでゆく印でもある。

          2017.10.04 Wednesday

          盾の印

          0

            JUGEMテーマ:スピリチュアル

             

            このペンダントは、データなどが上下の層として積み重なって全体を構成しています。

             

            このデータというのは思考と感情です。

             

            中心から種の印として始まった印が階層のフィルターとして展開したものです。

             

            階層フィルターの印

             

             

            この場合シンボルは、中心から外側へ(このカードだと左サイドから始まり、右サイドへ)展開していきます。

            一階層と2階層、それぞれの層に異なったシンボルパターンが編み込んであります。

             

            中心の石をあなたの意識とすると、次の層は思考の印→感情の印と展開していきます。

            中心から始まった外側へ展開して行くための軸となる紐はあなたの思考フィルターと感情フィルターを通り外界より同じような想念エネルギーのものを捉えて引き寄せ展開させます。

             

             

            何を引き寄せているか、自分の思考や感情を意図的にチェックし観察することは、あなたを守る盾、フィルターとなります。

             

            2017.08.25 Friday

            開花の印

            0

              JUGEMテーマ:癒し・宇宙・スピリチュアル

               

              編み術

              開花の印

               

              蕾が開いて花が咲く最もパワフルな瞬間を表した印

               

              ”開花の印”

               

               

              上部をロックせずに2本の縁取りが左右へと開いている。

               

              中心の編み目模様は、蕾の時に蓄えられた様々な知識やスキル、経験などが中に詰まっている様子を表し、

              それらを結び留めないことによって、開かれた部分から、それを外へと解放することを表している。

               

              開花は創造として表現されたり外の世界に何らかの形となって現れる。

               

               

               

              逆さまだけどこの印がベースに展開している編み印。(ペンダントの裏)

               

              開花の編み目部分から新たに物語が続くように編み目模様が展開していく。

              2017.08.24 Thursday

              永遠の印

              0

                 

                JUGEMテーマ:癒し・宇宙・スピリチュアル

                 

                インフィニティ 永遠の印

                 

                 

                 

                これは中心で編み目をロックせずにあえて交差させました。

                編み目を辿るとまるで終わりがないようにグルグルと8の字のように旋回しているようにも見えます。

                 

                流れの印に少し似てはいますが 
                二つの相対する曲線が中心で交差することによって調和し、永遠の流れを形作ります。

                 

                 

                恐れなどによりせっかくの流れをロックしないで、調和した永遠の流れを作ることを目的としている印です。

                 

                 

                エネルギーパターンの変化は思考に反映されます。

                 

                思考が変化すると行動が変わります。

                 

                そして行動が変わると見える世界や環境や周囲の人間関係やら創作してゆくもの、自分の目の前に現れてくるものが、どんどん変化してゆくと思うのです。

                 

                 

                 

                 

                それが私の場合、編みパターンとなっているようで、私の中ではこれらは、物質化されたエネルギーパターンの記録。

                 

                 

                特定のエネルギーパターンを表現したもの。

                 

                 

                時々懐かしく思う印(編みパターン)があったりするのです。

                 

                 

                自分の中に無いものは自然に創作物として出てきません。

                料理でもアートでも表現するのはその人のエネルギーパターンだからです。

                 

                自分でもペンダントを製作しますが、旅先で時々誰かが製作したペンダントを欲しくなるのは、それぞれがオリジナルなエネルギーを繰り出していて魅力があるからだと思います。

                 

                そしてどこか共通のパターンがあって引き寄せられ、目の前に現れたそれらからエネルギー的影響を受け「今、そのエネルギーついての学びやチャレンジを、自分のエネルギーパターンに落とし混んでいるんだ。」と思うことにしています。

                 

                 

                だからハンドメイドは買うのも作るのも好きです。

                 

                 

                (ペルーインカの紐文字。)

                 

                 

                 

                 

                2017.07.08 Saturday

                編み術 ”目の印”ヒューマンパイロット

                0

                   

                  久々の編み術です。

                  最近私が実践している魔法を、編み目のシンボルと共にお伝えしています。

                   

                   

                  編み術とは自分のエネルギーフィールドに自分の意図を(サイン)確約し、

                  外の世界で起きていることと、自分の内側で起きていることを

                  客観的に観察しコントロールしてゆく術。

                   

                  *エネルギーフィールドに自分の意図を(サイン)確約する

                   

                  →エネルギーフィールドに刻印されるくらいに思い出す癖をつけるという意味で、自分の意図するテーマを物質という”編み目”に落とし込んでペンダントの一部に編み込んだりカードにして持ち歩くこととします。

                   

                  意図することが一番大事なのでシンボル化した物質は付録のような物。

                  楽しみのために身につけたりするものであって、もちろんなくてもOKなのです。

                   

                   

                   

                  最終的に到達したいのは内側を調和させることによって、自分の見えている世界を好きなように自在に創造するという魔法です。

                   

                   

                  今まで作り上げてしまった古い自分の癖(思い込み、信念、感情)を、新しいサインと共に書き換える作業を毎朝ペンダントを身につけるように、そのときの自分のテーマを習慣のように思い出すためにシンボルを使い書き換えの作業をくりかえします。

                   

                   

                   

                  今回は”目の印”シリーズ。 

                   

                  自分の外の世界と内側の境界線である目。

                  この窓を通して外の世界の出来事を見ています。

                   

                   

                  それは情報であったり、美しい景色であったり、雨や雲、太陽、天気、物、さまざまな人々。

                   

                  目を境界線という意味で使うのならば音、匂い、風などの感覚もふくまれるかもしれません。

                   

                   

                   

                  ではこの窓の内側に操縦席があるとします。

                   

                  自分の感情や思い込みや信念がそのまま出来事や景色となって窓の外に繰り広げられ投影されるとてもシンプルな操縦システムです。

                   

                  編み印を身につけ、

                   

                  今、操縦席に座りました。

                   

                  感情や過去の思い込み、呼吸の癖などを意図的に解除してバランスを保つというのが人間の操縦です。

                   

                   

                  窓からはどんな世界が見えているでしょう?

                   

                   

                   

                  前から障害物がやってきたら、どうぞ思いっきり自分の感情や思い込みを操縦してクリアしてみましょう。

                  一回できてしまえば次はもっと簡単に乗り越えられます。

                   

                  外の世界が平和で調和に満ちるように操縦席にすわりながら内側のバランスを保つ練習。

                   

                   

                  たとえ一時的に良くない出来事でも、今見えている世界は、あなたをすばらしいヒューマンパイロットにするかもしれません。

                  2016.10.11 Tuesday

                  編み術 ”方向の印”

                  0

                    JUGEMテーマ:パワーストーン

                     

                    編み術とは自分のエネルギーフィールドに自分の意図をサイン(確約)すること。

                     

                    ということで今回は "方向の印” とよく組み合わせる水晶ポイントのコンビーネーションの小さな魔法の杖についての説明。

                     

                     

                    これが基本形の方向の印

                     

                    方向の印には様々な、さまざまな変形スタイルがあります。

                    (上部の矢印の先端から編み始める形、すべて方向の印。)

                     

                     

                     

                    左から

                    ⚫︎"中心で真実を捕らえてゆく目”を持った矢印の印

                    個人の目標よりもグループとしての動きと方向性を司る印。
                    群れの中のリーダー、もしくは自分を統括するハイヤーセルフ。

                    意図的に自らを、大きな軌道に乗せる、もしくは導く印。

                    行き先へ向かう過程で、一歩引いた位置から全体の調和や進むべき方向を見ながら物事を進めてゆくというスキル、学びのための編み印。

                    ⚫︎ 最も基本的な方向の印。

                     

                    ”進むべき方向。を指し示し修復する。

                    主に、目標、夢、個人の方向性に向けて設定される印

                     

                    ⚫︎弓矢の印

                    よりピンポイントな的へ直接的にアプローチしたいとき、スピードを持って超えてゆくプロジェクトに使う印。

                    引いて手放す。
                    自分の中の柔軟さや、弾力、瞬発力を執着を手放すことにより実は前に進む。そんなやり方を上手に使ってゆくための学びの印
                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    (方向の印 例えばこんな使われ方)

                     

                    丸玉上部と水晶ポイント先端に向けて2箇所に方向の印

                     

                     

                     

                     

                    カヤナイトのすぐ下、水晶ポイント先端に向けて方向の印が組み込まれています。

                    水晶のポイント(先端)に合わせて配置し、方向性を持たせます。

                     

                     

                     

                    ”方向の印”の初めに編む玉ムズビ”はあなたの意図が留まる所。

                     

                    そこに「今日はこういう波動でいよう。」とかでもよいし、例えば、公園や美術館などに行った時になんだかとても心地よい感覚に包まれたのならば、その感覚をそのまま保つように設定してもよいし、目標、夢、個人の進みたい方向性に向けての自分の意図を設定してみてください。

                     

                    それで少し様子をみて、反映された世界を元に再度設定しなおしてみてもよいし、そのエネルギー状態を保ってもよいと思います。

                    クリスタルが心の状態をよくも悪くもそのままのものを大げさに反映するパワフルなものですので、身につけているときは自分の波動に注意を向ける必要があります。

                     

                    怒り、嫉妬、不安などがあるときは、一度はずして、心が落ち着いてから身につけ直しましょう。

                     

                     

                    そしてときどきペンダントを眺めた時にでも確認してみてください。

                     

                    もしなにかずれていると感じたのならあなたの軸に戻って方向を確認することができます。

                     

                    魔法の杖クリスタルポイント(水晶)はあなたの意思、軸のシンボルです。(丸玉の場合はパワーの源)

                    いつでも初めの場所へもどることができます。

                     

                     

                    あなたの魔法力を上げて行くツールとなりますように。

                     

                     

                     

                    →クリスタルポイントペンダント

                    →クリスタル魔法の杖

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2016.02.21 Sunday

                    尾鰭(おびれ)の印

                    0
                      JUGEMテーマ:スピリチュアル

                      編み術を使った魔法の杖を製作しています

                      今日は”尾鰭の印”

                      これは金魚をイメージしたトップの印



                      コバルトカルサイトから後方へのびるのは”尾鰭の印”(おびれのいん)の一種。

                      おびれとは魚の尾の意味
                      この印は、石(カボション)の後方へ装飾され付け加えられるもの。
                      物事を急進させるときや方向転換するときに使う印である。


                      尾鰭の印にはいくつかの種類がある

                      今回は、”流れの印”の変形バージョンを尾鰭の印としてみた。



                      流れの印は右螺旋と左螺旋が調和した自由のシンボルである。 
                      右と左の渦巻きをうまく調和させると
                      二つの相対するエネルギーがハートの印になる。





                      ハートの印の変形でもある流れの印は、みんなのエネルギーがオリジナルで違うようにとても自由で個性的な配置を取る。

                      螺旋を編めばそれがみな一人一人違った螺旋を編み描く。



                      尾鰭の印は右と左螺旋を自分の心地よい場所で留め配置する。

                      それは主体となる石に合わせてもよいし目的にあわせてもよい。

                      「これでよし!」と自らがなっとくできる螺旋の配置であれば、それは姿形を変えた愛のマークであり、心が調和された ”ハートの印”となる。



                      方向の印”と違うのは、方向の印が自らの意思の力により進む鋭さと強さの象徴であるものに対して、流れの印を使用した尾鰭の印は、後方から愛と調和によって押し上げコントロールする力や、ふわりと包み込むような大きさと安心感がある。

                      なので少し優しい感じの魔法の杖を製作するときに編み込まれる。




                      カッコの部分が尾鰭の印 エネルギーの向かう方向は矢印。 




                      ​先端のダイヤポイント(黒点)は、エネルギー(意図)が溜まるところ。それを魔法の杖のクリスタルの先端に合わせて配置する。





                      と、いうわけで魔法の杖製作中。
                      Profile
                      ▼魔法のアイテムを探す旅
                      ●制作日記
                      ●2014〜作品制作ブログ
                      ●夢日記
                      Selected Entries
                      Categories
                      Recent Comment
                      Search this site.
                      Others
                      Archives
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM